復縁に成功した人が実践したたったひとつの方法

好きだった人を無理やり諦めようとしていませんか?

まだ好きだったのに突然の別れ話。嫌だって言っても、もう相手の気持ちは離れてしまっていて、どうにもならない。

 

別れたくないけど、別れるしかない。こんな状況で別れてしまったとしても、やり直すことはできます。
あなたにとってかけがえのない忘れられない人がいるのであれば恋人とやり直すことも考えてみませんか?

 

復縁と聞くととマイナスなイメージを持つ方もいるかもしれません。また、相手にすでに恋人がいる可能性もあります。

 

でも、新しい恋人とうまくいかずその後復縁に成功したり、絶縁状態から復縁し結婚して仲良くやっている方たちもたくさんいます。そんな実際の経験から復縁をするためにはどうしたらいいいかを知り、楽しかったあの日々を取り戻しましょう。

復縁するために必要なたったひとつのこと

復縁するためには、まずは別れを受け入れることです。復縁を成功させた人は必ずと言っていいほど別れを受け入れた人です。

 

別れを受け入れるとはどういうことでしょうか。

 

それは、どれだけ未練があろうとも恋人関係を解消したという事実を理解して、相手に接する態度も恋人関係だった頃のよな接し方ではなく友人としての距離感、接し方をするということです。

 

恋人どうしと友人の違いとはたとえば、恋人であれば手をつないだり寄り添って歩いたりしますよね。でも、異性同士の友人で手をつなぐことはまずありえません。電話をする時間だって恋人同士であれば深夜でもOKだったかもしれませんが、友人としては常識範囲内での時間帯に電話するのが普通です。

 

探せば沢山ありますが、そういったことをまず気をつけていくことが大事です。

 

よく復縁をしたいからといって、未練たらたらで相手にどんどん迫っていく人がいますが、復縁を望むのであればこの方法は最悪です。相手からしつこいと思われてしまい、敬遠されてしまいます。勇気をだして別れを受け入れ、仲ののいい友達ぐらいの感覚で接するようにしましょう。

 

相手と接するときには、明るく接するようにすることです。未練がましい態度や暗い態度はマイナスです。明るくさっぱりとした感じで接すればと相手は思うはずです。

 

今まで親密な関係だったので、接する距離感は最初は難しいかもしれません。目安としては他の友人と同じ位の距離感を保つことです。そうやってあなたと相手が良き友人の仲になれば、相手は敬遠せずあなたと友人関係を続けて行く事ができます。

 

完全に恋人関係から脱却して、友人としてなんでも相談しあえる関係になることで復縁への第一歩がはじまります。分かれてしまったからといって焦らず、じっくり関係を築きあげましょう。